2014年08月15日

上田埼玉県知事 出演交渉の全貌 後編【そうだ埼玉メルマガ2 Vol.13】

上田埼玉県知事 出演交渉の全貌 後編【そうだ埼玉メルマガ2 Vol.13】

 

ついに埼玉県庁広聴広報課に、上田埼玉県知事「そうだ埼玉」出演依頼

埼玉県庁、広聴広報課の方々はとても懇意に対応して頂き、「そうだ埼玉」に関する様々な感想や貴重なご意見を頂きました。

エンディングを除いては、実質ほぼ完成している「そうだ埼玉」の映像も、その場で見て頂きました。この映像を見て頂いた上で出演を断られるのであれば本望。これを見てもらって断られるのであれば、おそらくどういった内容のものでも無理だと思えました。

それくらい埼玉県PR映像「そうだ埼玉」は埼玉県民の力が集約された素晴らしいものに仕上がりつつありました。その場で改めて見て、そう思いました。

上田県知事に伝える上で、幾つかの資料提出を求められたので、週明けすぐに提出。

あとは待つのみです。

その当時私の心境として、2つの思いがありました。

 

「そうだ埼玉」に出演した全員が上田埼玉県知事の出演を望んでいた

1つは、埼玉県知事が出演しなくても、この映像は素晴らしいものになるという自負です。もちろん、だからと言って県知事の出演を諦めたというわけではありません。

どこの現場に行っても、facebookページからも多くの方々から「上田県知事に出て欲しい」といった声は頂いてきました。もはや県知事出演は県民の声になっていたので、その思いは、確実に上田県知事に届けないといけないとは思っていましたが、もし断られても、そんなに落胆しない自分がいるような感覚がありました。

2つ目は、断られる場合は、おそらく、「民間の方々が頑張っているものに県知事が出て行くのはいかがなものかと思いまして」といった理由で断られるであろう、ということ。

実はこれは、ある市長から「そうだ埼玉ポーズ」に関してお断りの回答として頂いたものです。

少々嫌味な言い方をしますと、実に良い断り方だなと思いました。

否定もせず、スケジュールのせいにもせず、あくまで皆さんを尊重して考えた上での回答です、という断り方です。

 

政治家に出来ることと出来ないことは誰が決めている?

行政の世界で働く人達というのは、我々の想像では計り知れない世界で生きていると思います。

やりたくても出来ないこともたくさんあるでしょうし、言いたくても言えないこともたくさんあると思います。市の、そして県の代表であれば尚更、自分一人の責任だけで言動は出来ない。

埼玉県警に出演交渉した時も「本音としては出演したい。しかし我々のように法を扱ったり取り締まるような仕事は実に難しく、より県民に身近なという前向きな側面も理解出来るが、そんなことやってる暇があったら仕事しろ、という声も必ず受けてしまう」と。

何かを起こそうとする時、発信する時、表に出て行く時、批判をされない人はいません。

時の首相でバッシングを受けなかった人も一人もいません。

しかし、中には自分の意志で、自分達のジャッジで批判を恐れず言動される方もいらっしゃいます。AKB48「恋するフォーチューンクッキー」で言えば佐賀県知事や神奈川県知事はノリノリで踊り、今や各県の各市長達も含め、多くの政治家、行政関係者達も踊っています。現内閣総理大臣である安倍首相はバラエティ番組「いいとも」にも出演されました。

必ずしもそれが良い結果を招くとは限らないだろうし、かと言って悪い結果ばかりだったわけでもありません。捉え方は十人十色、人様々です。

 

上田埼玉県知事の回答

こういう話になってくると、いよいよ一概には語れなくなってきますが、そう考えると、これはもう上田県知事の意向や県庁の意向など、そして様々なタイミングが合点がいかないと難しく、おそらく前例がないものには飛び込まないのではないか、と私はどこか肌で感じていたところもありました。しかしその時はもう資料も何も提出したあとです。

あとは待つしかない。

約10日程経った頃でしょうか。広聴広報課より、直接私宛に丁重にお断りの電話がありました。理由としては、私の予想してたものと寸分の狂いもなく同じでした。

やれることはやった感はあります。

映像も、県民の声も思いも全て届けました。「もし断られても、そんなに落胆しない自分はいるような感覚」はあったものの、その瞬間はやはりがっかりしました。

しかしすぐに、いつか県知事に振り向いてもらえるよう、「そうだ埼玉」を、より大きなものにしていこうと思いました。

まだ諦めません。

そしてその前後、ひょんなことから私はとうとう上田県知事に直接会う機会がありました。

 

【メルマガバックナンバー 人気記事】
上田埼玉県知事と遂に対面

「そうだ埼玉」ダンスが歌詞にリンクしているもう一つの理由

タモリさんが名づけた“ださいたま”は秀逸だった

============

そうだ埼玉メルマガ登録



メールアドレス

 
本メルマガは購読無料です。

登録されると確認メールが届きますので、そのメールに記載されている「登録完了URL」をクリックしてください。「登録完了URL」をクリックされませんと、メルマガ登録が完了しませんので、ご注意下さい。

メールが届かない場合は、soudasaitama@mm.tenka-jaya.comを受信許可設定にして下さい。


おすすめ記事