2017年08月09日

川越の裏ゆるキャラ「ミケさん」のtwitterが規格外すぎる

川越の裏ゆるキャラ「ミケさん」のtwitterが規格外すぎる

そうだ埼玉.com公式ライター : 富築

川越市には「ときも」というサツマイモ型の公式キャラクターがいるのですが、実は市内には数えきれないほどの裏ゆるキャラが存在しているんです。

今回は裏ゆるキャラの中でも特に人気の高い、ミケさんの生態をご紹介します。

 

中市本店でお仕事に励む猫ミケさん

S_6472742190547_

川越一番街(蔵造りの街)にある乾物専門店「中市本店」。

この店の前で販売即売員をしているどら猫(オス)がミケさんです。

猫なので、出勤日・出勤時間は気まぐれ。

暇な時はお店の裏庭でお昼寝をしたり、新聞を読んだり、一服していたり…。

また、可愛い外見とは裏腹に、女性や子どもを軽々抱き上げるという漢らしい一面も持っています。

ただし最近は腰を痛め気味の模様。

 

ミケさんの日常

普段は中市本店の前で頑張って接客しています。

でも、たまにサボります。

川越市の内外で開催されるイベントでは常に引っ張りだこ!意外と力持ちです。

ミケさん、大人の余裕も忘れないただ1匹のゆるキャラ。

子どもには優しく…、でも悪い子には容赦ないゆるキャラの鑑。

欲望に忠実に生きるって大事ですよね。

ロボットに怒られる。そんな日もあります。

川越のローカルラジオにも頻繁に出演。思いのほか口調が渋いです。

 

ミケさんのプロフィール

子どもにも大人にも大人気のミケさんの生態です。

 

フルネーム:ミケ・ローニャ
誕生日:7月3日
職業:中市本店「ねこまんま焼おにぎり」の販売促進員。2017年で5年目。
好きな食べ物:ねこまんま焼おにぎり
嫌いな食べ物:栗、果物
好きな場所:中市本店の裏庭
好きな動物:猫
好きなアーティスト:堂島孝平
好きな言葉:「人生に必要なのは勇気と想像力と少々のお金」
尊敬する人:チャーリー・チャップリン


※ミケさんの登場は1:04~。

 

連日長蛇の列!ミケさんが働く「中市本店」と「ねこまんま焼きおにぎり」とは

江戸時代創業の乾物専門店、中市本店。

昆布や煮干、長崎県特産の焼あごなど、良い出汁の取れる乾物を豊富に扱っています。

そんな中市本店の店頭で手作り販売しているのが「ねこまんま焼きおにぎり」です。

P6060959

鰹節と昆布の合わせ出汁を使った自家製の出汁醤油を塗り、本鰹節またはいわし節をたっぷりとまぶしています。

お米は埼玉県産コシヒカリを使用。

食べた後もしばらく余韻に浸れるくらい、香ばしくて深い味わいが口いっぱいに広がります。

15時頃には売り切れている場合もあるので、絶対に食べたい人はお早めに!

 

ミケさんと「こんこんちゅ」してオリジナル缶バッジをもらおう

中市本店の前でミケさんを見かけたら、勇気を出して声をかけてみましょう!

画像のようにミケさんと「こんこんちゅ」をしてQRコードをスキャンすると、オリジナル缶バッジをゲットできます。

既にミケさんのバッジを持っている人には、ミケさんの妹クロミちゃんのバッジをプレゼント。

ミケさんファンならぜひ持っておきたいアイテムです!

 

ミケさんに会える場所はココ!

P8038519

中市本店
〒350-0063 埼玉県川越市幸町5−2
西武新宿線「本川越駅」から徒歩11分

ミケさんは主に一番街の中市本店の前にいます。

そのほか、公共施設「ウニクス川越」「小江戸蔵里」などで開催されるイベントに出没することもあります。

ミケさんが今どこにいるかは、本猫のTwitter・Facebookを確認してみてください。

ミケさんTwitter
ミケさんFacebook

猫なので、出勤は気まぐれです。

必ず会えるわけではないので、何度か足を運んでみてくださいね!

氷川神社恋あかり、限定COEDO、ライトアップ…2017年夏は川越の夜が暑い!

川越観光って楽しい!絶対盛り上がる若者向け川越デートスポット4選

秩父夜祭りと川越まつりがユネスコ無形文化遺産に登録決定!2つの祭りの魅力に迫る!

IMGP0465

この記事が気に入ったらいいね!しよう

そうだ埼玉.comの最新情報をお届けします。



関連リンク


中市本店

http://www.nakaichi-h.com/

  • 〒350-0063 埼玉県川越市幸町5−2
  • 049-222-0126
  • 営業時間 / AM10:00~PM7:00

おすすめ記事