2018年05月22日

ご当地ナンバープレートデザイン一挙紹介!埼玉からはあの地域が!

ご当地ナンバープレートデザイン一挙紹介!埼玉からはあの地域が!

編集長 : 鷺谷政明

国土交通省は5月22日、全国各地の名所やイメージキャラクターなどの図柄を入れた、全国41地域の自動車用ナンバープレートのデザインを発表しました。

20187月3日の『月曜から夜更かし』でも話題になった、その41地域のデザインを一挙ご紹介します!




全国のご当地ナンバープレート

東北

関東

関東・北陸信越

北陸信越・中部

近畿・中国

中国・四国・九州

九州

デザインは公募などを経て、自治体が提出した図柄をもとに、国土交通省省が視認性を考え、色合いやデザインを調整して完成しています。

個人的には、平泉の反則的なデザインの秀逸さ、ちょっとずば抜けすぎじゃないかと…

世界文化遺産「平泉」をイメージしたデザイン。

たいていこういうのは、ほのぼのした可愛らしい感じになるところが、一つだけガチすぎる…

埼玉県からは越谷市が登場

今回の発表で埼玉県から唯一、登場したのは、こちら!

越谷市!

越谷市のイメージキャラクターであり、特別市民である「ガーヤちゃん」と、日本三大阿波踊りの一つである「南越谷阿波踊り」を組み合わせたデザインです。

デザイン案は3つあった

このデザインは昨年8月中におこなった市民による投票で決まったもの。

出典 : 越谷市

案は3つあり、A 465票、B 143票、C 773票という結果で、今回のC案に決定しました。

また、平成32年度頃に交付予定の、新たな17地域のご当地ナンバーの追加が決定していますが、そこに埼玉県は含まれていません




軽自動車には黄色い枠が

ご当地ナンバープレートは、自動車、事業用、軽自動車の3種類があります。

事業用には緑、軽自動車には黄色のがそれぞれつきます。

また、地域振興のため1,000円以上寄付するとカラー、寄付しない場合はモノトーンになります。

寄付金は、バリアフリー車両や多言語対応券売機の導入など、交通改善や観光振興のために使われるものなので、申請されるかたはぜひカラーを!

希望者には10月から順次交付が始まります。

交付申請のしかた

ご当地ナンバープレートは、専用ウェブサイトから申し込むか、ディーラーや整備工場に申請します。

もちろん、現在乗っている車のナンバープレートを交換することも可能。

希望ナンバーの場合は、抽選になることがあります。

申請の流れに関しては、まず、

  1. インターネット、またはディーラーなどに申し込みをし
  2. 寄付金と交付手数料を支払い、
  3. 交付可能期間内(1ヶ月以内)に運輸支局や軽自動車検査協会事務所で登録・届出をし、
  4. ナンバープレートの交付

となります。

交付されるのは、入金確認後10日程度が目安です。

料金は交付料+1,000円(カラーの場合)。

詳細に関しては、今後越谷市の公式サイトよりアナウンスされる予定なので、申請時はそちらも確認ください!

【越谷市】やっぱ阿波踊りでしょ!高橋努市長の埼玉ポーズ!

終電逃しても大丈夫!南越谷の深夜バスと始発まで開いてる店まとめ

822円でパン食べ放題!越谷のヴィドフランス食べ放題の魅力を徹底レポート


出典 : 国土交通省(つけて走って広げよう、地域の魅力!) / 越谷市(越谷市図柄入りナンバープレートの提案デザイン決定!!)

鷺谷政明

埼玉ポーズ仕掛け人、そうだ埼玉.com編集長、天下茶夜代表。クリエイティブ・ディレクター。そうだ埼玉TV出演中。



関連リンク


おすすめ記事