2018年08月17日

GACKTと二階堂ふみが埼玉県民に謝罪

GACKTと二階堂ふみが埼玉県民に謝罪

そうだ埼玉.com編集部

GACKTさんと二階堂ふみさんが、埼玉県民に謝罪しているティザーポスターが公開されました。




『翔んで埼玉』2月22日公開決定

これは、映画『翔んで埼玉』の告知画像。

二階堂ふみさん演じる壇ノ浦百美、

GACKTさん演じる麻実麗、

が、それぞれの役柄で謝罪している画像です。

このポスターを見る限りでは、本人感がいまいちつかめませんが、2月22日公開と書かれています。

ついに、公開日が決定したようです。

また、ポスターには「とくに地名とは関係ありません」と書かれていますが、どう考えても関係あるだろという気が…

『翔んで埼玉』特報公開

ポスターでは二人の雰囲気がいまいちわかりませんでしたが、特報動画ではもう少し確認することができます。

「生まれが埼玉だなんて、なんておぞましい…!」

「今でも通行手形だなきゃ町も歩けないのよ!」

「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」

「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」

などなど、原作漫画でも登場するセリフが飛び出しています。




『翔んで埼玉』特設サイト完成

まだ情報量は少ないですが、映画の特設サイトも公開されています。

ここには、GACKTさんや二階堂ふみさんのコメント、そして、原作者である魔夜峰央先生のコメントも。

GACKTさんへ
まさかオファーを受けていただけるとは思いませんでした。最初GACKTさんのお名前が上がった時、そこにいた一同全員がのけぞり次の瞬間、ありか、と頷いたものです。願ってもないキャスティングですが、この役がGACKTさんの人生の汚点にならないことを祈っております。『翔んで埼玉』公式サイトより

映画『翔んで埼玉』サイト

監督は『テルマエ・ロマエ』の武内英樹

本作品の監督は武内英樹さん。

代表作に『テルマエ・ロマエ』『のだめカンタービレ』シリーズ、『今夜ロマンチック劇場で』などがある有名な監督さんです。

原作は66万部突破

原作である漫画は現在66万部突破。

なんでこんな漫画描いたのよ!「翔んで埼玉」作者に県民が突撃取材!前編

2016年05月19日

なんでこんな漫画描いたのよ!「翔んで埼玉」作者に県民が突撃取材!前編

  • 徹底した街ディスり
  • 復刻され大ヒット
  • 映画化

どれもあり得ないことばかり。

このあり得なさは、埼玉県でないと実現しなかったはず。

まだ他のキャストなどは公開されていませんが、今から楽しみです!

なんでこんな漫画描いたのよ!「翔んで埼玉」作者に県民が突撃取材!前編

なんでこんな漫画描いたのよ!「翔んで埼玉」作者に県民が突撃取材!後編


出典 : 映画『翔んで埼玉』

そうだ埼玉.com編集部

そうだ埼玉.comライター、webスタッフ、募集中です!



関連リンク


おすすめ記事