2018年01月23日

大雪っていうか竹の伐採で運転見合わせになる八高線

大雪っていうか竹の伐採で運転見合わせになる八高線

そうだ埼玉.com公式ライター : 富築

4年振りの大雪に見舞われた埼玉県。

現在でも交通機関などに各地で雪による影響が出ています。

 







竹の伐採のため止まった八高線

以前、当サイトでも八高線を紹介しましたが、

「竹が刺さっているので停車します」JR八高線驚きの運転見合わせ理由ランキング

2017年06月30日

「竹が刺さっているので停車します」JR八高線驚きの運転見合わせ理由ランキング

「落ち葉で止まったとか噓でしょ?」

「そもそも線路に竹が刺さるって何だよ!大げさなんじゃないの?」

…といった感想も耳にしましたが、全て事実です。

また、「手榴弾もなかなかですよ」というコメントもいただきました。

そう、ありましたね東飯能駅の手榴弾(レプリカ)事件

そんなネタに事欠かない八高線ですが、やはり今回の大雪でも見せてくれました。

今回の遅延理由は「東福生~箱根ヶ崎駅間の竹の伐採のため

これはつまり大雪→倒竹→伐採しないと電車が通れないということ。

しかし、よく訓練された八高線ユーザーは、こんなことでは動揺しません。

八高線はこの倒竹により、1時間以上停車しました。

その後も「伐採作業に時間がかかりそう」ということで、東福生駅への折り返し運転を実施。

しかし今度は、踏切の安全確認のため停車してしまうなど、なかなか一筋縄ではいかなかったようです。

とはいえ、八高線の駅員さんや運転士さんたちが復旧のために全力を尽くしてくれていたことは紛れもない事実。

電車が止まりやすいのは地理的な問題もありますし、八高線の関係者の方々には昔からとても感謝しています!

ちなみに、数時間に渡り立ち往生していた八高線ですが、少しずつ運行を再開し始めた時には、「ありがとう!」というツイートが何件か見られました。

埼玉が電車遅延した時テレビ埼玉と都内の人に伝えたいこと【そうだ埼玉メルマガ】

「竹が刺さっているので停車します」JR八高線驚きの運転見合わせ理由ランキング

もう乗り間違えない!高崎線と宇都宮線の違いを徹底解説(湘南新宿・上野東京ラインの違いも)

IMGP0465

この記事が気に入ったらいいね!しよう

そうだ埼玉.comの最新情報をお届けします。

富築

美味しいモノ探しが大好きな主婦兼webライター。趣味は川越市内の散策とイラスト描き。川越市在住。



関連リンク


おすすめ記事