ももクロ、ドラクエ…この冬絶対行きたい埼玉県のイルミネーションスポット2016

ももクロ、ドラクエ…この冬絶対行きたい埼玉県のイルミネーションスポット2016

そうだ埼玉.com公式ライター : となりのスゥさん

埼玉県のイルミネーションや夜空の星は、都会よりキレイに見えます。

なぜなら、空気がきれいで澄んでいるから。

そして、ネオンが少ないからより、光の輝きが美しく映えるのです。

そこで今日は、この冬絶対見ておきたい埼玉県のイルミネーションスポットをご紹介します!

 

ももクロファン必見!東武動物公園のライブイルミネーション(宮代町)

%e5%9c%92%e5%86%85出典:東武動物公園ホームページ

埼玉県民なら1度は、子供のころに行ったことがある動物園と遊園地が融合した夢の場所「東武動物公園」。

毎年冬の時期は、園内を約200万球のLEDが彩るイルミネーションも見どころですが、2016年は、音楽と光と映像が融合したライブイルミネーションに注目!

これは、音楽に合わせてイルミネーションが生きているように動く演出なのですが、今年はなんと、ももいろクローバーZの『僕等のセンチュリー』を採用!

他にも、園内のイルミネーションスポットではももいろクローバーZの最新アルバム『MCZ WINTER SONG COLLECTION』収録曲によるメドレーや、特別編集されたライブ映像も上映。

楽曲に合わせて点灯するイルミネーションの様子は、さながらライブ会場のよう。

ももクロファンは絶対に行くしかない!

イルミネーションとアトラクションも楽しみたい方は、イルミネーションとアトラクション乗り放題のチケット、イルミネーションパスを購入して園内を満喫しよう!

東武動物公園ホームページ

住所:埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
℡:0480-93-1200(代表)
営業時間:10:00~16:30/イルミネーションなどイベント時10:00~20:00/10:00~21:00
休演日:6月の月曜日、12 月~2月の月・火曜日、元日(東武動物公園ホームページ営業日カレンダー参照)

 

 

古代蓮の里に浮かび上がるドラクエの世界 (行田市)

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a0

夏から秋にかけて開催された田んぼアートの稲わらを利用して作成された行田市の「わらアート」。

今年の田んぼアートの図柄でもあったドラゴンクエストに続き、

これがギネス世界記録の実力!行田市ドラゴンクエスト田んぼアートの完成度が高すぎる

2016年07月28日

これがギネス世界記録の実力!行田市ドラゴンクエスト田んぼアートの完成度が高すぎる

今年のわらアートのオブジェはドラゴンクエストのキャラクターであるモンスターのスライムが登場!

スライム3体に、スライムの王様であるキングスライム1体がドンと古代蓮の里園内で待ち構えています。

キングスライムは内部にも入ることができ、わらアートの構造が分かるようになっています。

昼間見るスライムは、マルっとしていて愛らしい。

夜に見るスライムはブルーとオレンジでライトアップされており、どこかミステリアスでゲームの世界に迷い込んでしまいそうな気がする。

2016年は、古代蓮の里全体のイルミネーションもパワーアップ。

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81

アーチ状のイルミネーションも加わり、一層、園内の煌びやかさが増しています。

スライムのライトアップ期間は、2017年の3月末まで開催しているのでドラクエファンも納得のクオリティをぜひ見に来てほしい!

暖かい恰好で、ぜひ埼玉のイルミネーションをお楽しみください。

古代蓮の里ホームページ

住所:埼玉県行田市大字小針2375番地1
048(559)0770
>営業時間:古代蓮会館 9:00~16:30/古代蓮の里:終日開放しています。
休館日:月曜日(祝日の場合は営業)/祝日の翌日(土および日曜日の場合は営業)/年末年始

そして伝説へ…埼玉県行田市のギネス田んぼアート今年はドラクエ!堀井雄二もホミロンもみんなで埼玉ポーズ!

これがギネス世界記録の実力!行田市ドラゴンクエスト田んぼアートの完成度が高すぎる

忍者をかわして姫と逃げろ!行田市のPR動画で360度パノラマVRを体感せよ!

315wins
  • そうだ埼玉.com公式ライター : となりのスゥさん【他の記事】
  • 思い立ったが吉日、楽しいことドキドキワクワクを探すのが趣味。演劇とキックボクシングと小鳥が好きなwebライターウーマン。

    埼玉県加須市在住

この記事が気に入ったらいいね!しよう

そうだ埼玉.comの最新情報をお届けします。



関連リンク


この冬絶対行きたい埼玉県のイルミネーションスポット2016

おすすめ記事