2015年03月27日

深谷駅が東京駅に似ている理由

深谷駅が東京駅に似ている理由

編集長 : 鷺谷政明

どこから見ても東京駅…

「3秒以内に答えて下さい」と言われてこの写真を見せられれば誰もが「東京駅」と回答すると思います。

そう、この写真はもちろん東京駅…

fukaya_03

ではない!

よく見ると、「JR FUKAYA STATION」と書かれています。

そう、この写真は、ふっかちゃんでもお馴染みの、埼玉県にある深谷駅なんです。

 

東京駅と深谷駅はそっくり!

埼玉県民でない限り、この問題を出題されたらほとんどの人が「東京駅」と回答してしまうであろう意地悪な問題ですが、それくらい、東京駅と深谷駅は似ています。

こちらが東京駅。

fukaya_02出典 : http://www.fukaya-ta.com/fukaya/wp-content/uploads/2012/07/kinenkan.jpg

こちらが深谷駅。

fukaya_01

並べて細かく比較すれば違いは分かりますが、パッと深谷駅だけの写真を見せられれば、「東京駅?」と思ってしまうほど似ている。

 

東京駅のレンガは深谷のレンガだった

ミニ東京駅とも言われている深谷駅のこのデザインは、1996年の改築時に、東京駅の赤レンガ駅舎をモチーフにつくられたもの。

深谷駅は本物のレンガではなく、コンクリートにレンガ風のタイルを貼ることで東京駅を模しているわけですが、そもそもなぜ東京駅のモチーフにこだわったのか。理由は大正時代にまで遡ります。

深谷駅が東京駅に似ている理由、それは、大正時代に竣工した東京駅・丸の内口駅舎の建築時、深谷にある日本煉瓦製造で製造された煉瓦が、70キロ以上離れた東京駅まで鉄道輸送されて使われたという史実に因んでいます。

つまり東京駅のレンガは深谷市のレンガだったわけです。

なので、深谷市にはレンガでつくられた建物が非常に多いんです。

そして、この日本煉瓦製造の設立に携わっていた人こそ、埼玉県深谷市出身の、日本資本主義の父といわれる渋沢栄一です。

fukaya_04渋沢栄一記念館 出典 : http://www.fukaya-ta.com/fukaya/wp-content/uploads/2012/07/kinenkan.jpg

背景を紐解いていくと、色々なものが少しずつ繋がってくるのが分かってきます。

繋がってくると言えば、この深谷駅と東京駅は、2015年3月14日に開業した上野東京ラインで、本当に一つの線で繋がりました

(東京~深谷は上野東京ラインで1時間26分)

東京駅100周年でまた注目が集まっている深谷駅。

ここでは「記念suicaがないぞ!」という騒動もありませんし、是非一度足を運んでみては。

fukaya_05出典 : http://www48.tok2.com/home/shonandigest/DSC003471.jpg

嬉しすぎる!上野東京ラインが埼玉県民にもたらす5つのメリット

上野東京ライン開業後の尾久駅の違和感

【宇都宮線 高崎線】3月からは寝過ごすと大変なことに

    • そうだ埼玉.com編集長 : 鷺谷政明
    • 埼玉県を中心に企業や自治体などの広告制作・プロモーション事業を請け負う「天下茶夜」代表。2014年、埼玉ポーズが生まれた動画「そうだ埼玉」を制作。同年「そうだ埼玉.com」オープン。本当の埼玉県を語るメルマガ配信中。
      メディア出演 : 「ヒルナンデス」「めざましテレビ」「白熱ライヴビビット」「あさちゃん」「グッドモーニング」「首都圏ネットワーク」TOKYO FM「Honda smile mission」FM NACK5「monaka」他

Twitter:@sagitani.m

埼玉県上尾市出身


この記事が気に入ったらいいね!しよう

そうだ埼玉.comの最新情報をお届けします。

埼玉ポーズ仕掛け人、そうだ埼玉.com編集長、天下茶夜代表。クリエイティブ・ディレクター。そうだ埼玉TV出演中。



関連リンク


深谷駅

  • 埼玉県深谷市西島町三丁目1-8

おすすめ記事