2016年11月14日

なぜ11月14日が埼玉県民の日になったのか

なぜ11月14日が埼玉県民の日になったのか

 
1871年、廃藩置県で「県」の統廃合があり、11月14日(旧暦)に「埼玉県」が誕生しました。

そこからちょうど100年にあたる1971年11月14日から埼玉県民の日が制定されました。

ちなみに、1876年に入間県と合併して今の埼玉県の形になりましたが、当時の資料によると、その頃の人口は896,107人。現在が 7,288,081人なので、約100年で8倍以上人口が増えました。埼玉県は、東京、神奈川、大阪、愛知に次いで全国5位の人口数になります。

 

2016知っておきたい埼玉県民の日サービス7選!68年ぶりのスーパームーンも

埼玉県おもしろ内閣発足!閣僚名簿初公開

芸能人も市長も美人もやってる「埼玉ポーズ」とは?


この記事が気に入ったらいいね!しよう

そうだ埼玉.comの最新情報をお届けします。



関連リンク


おすすめ記事