2015年01月15日

そうだ埼玉.com発「埼玉ポーズ」とは?埼玉ポーズの由来を作った人が解説

そうだ埼玉.com発「埼玉ポーズ」とは?埼玉ポーズの由来を作った人が解説

そうだ埼玉.com編集部 / 2018年1月9日更新

各メディアで話題「埼玉ポーズ」の由来とは

埼玉県出身の芸能人や著名人、埼玉県内の市長など、さまざまな人たちが当サイト「そうだ埼玉.com」発の埼玉ポーズ写真を撮影しています。

saitamaPR0628

この埼玉ポーズの由来や、埼玉ポーズの意味、元ネタを、ご紹介します!

 

埼玉ポーズとは、手を羽のようにし、左足を前に出すポーズ

Bijin_Katase01_Tatenaga
モデル : 片瀬亜乃

埼玉ポーズは、手をオッケーサインの形にして胸の前でクロスさせ、左足を少し前に出します。

多くの人が手を返しすぎてお金のマークになってしまっていたり、手を下げすぎて大仏様のようになってしまっていますが、この写真が埼玉ポーズの基本形です。

ちなみに、埼玉ポーズで写真を撮る時は、こちらの加藤綾子さんのように、ハイチーズ!ではなく、「そうだ!埼玉!!」で撮影します。

 

埼玉ポーズを披露している有名人

amuro_saitamapose

埼玉ポーズは現在多くの著名人が披露しています。こちらは、当サイトに寄せられた情報の一部です。

安室奈美恵、新井恵理那、安藤優子、飯窪春菜(モーニング娘。)、飯田里穂、生田衣梨奈(モーニング娘。)、イジリー岡田、ハライチ、イルマニア、大坪由佳、片瀬那奈、加藤綾子、工藤遥(モーニング娘。)、國府田マリ子、小嶋陽菜(AKB48)、島崎遥香(AKB48)、ダイアモンド✡ユカイ、立川俊之(元大事MANブラザースバンド)、デーブスペクター、テレフォンズ、中山秀征、長谷川俊輔(クマムシ)、ピエール中野(凛として時雨)、松井玲奈(元SKE48)、真矢みき、宮澤佐江(SNH48)、武藤雄樹(浦和レッズ)※50音順

有名人の埼玉ポーズ写真一覧

上田埼玉県知事も報道陣に向かって埼玉ポーズ!

出典 : テレビ埼玉「ニュース930」

埼玉ポーズの元ネタ「そうだ埼玉」

埼玉ポーズの元ネタは、2014年9月6日公開の「そうだ埼玉」

この動画の中に何度も埼玉ポーズが登場します。

歌は、埼玉県出身のロックバンド「6才児」。

現在この歌は映像付きで全国のLIVE DAMで歌うことが出来ます。

埼玉ポーズが生まれた歌「そうだ埼玉」が全国DAMに配信

2015年11月02日

埼玉ポーズが生まれた歌「そうだ埼玉」が全国DAMに配信

 

「そうだ埼玉」の振り付けをしたのはダンサーMaki

「そうだ埼玉」の振り付けを担当したのは、埼玉県八潮市出身のダンサーMaki。

maki_iv_kiji_09

こちらが、Makiが踊る「そうだ埼玉」の振り付け練習用映像。

これを見ると分かりますが、埼玉ポーズが左足を少し前に出すのは、ダンスで踊りやすくするため。

また、そうだ埼玉には手話バージョンも存在します。

【動画】「そうだ埼玉」の手話バージョンが完成!あの歌詞が手話でどうなったか気になる!

2016年05月31日

【動画】「そうだ埼玉」の手話バージョンが完成!あの歌詞が手話でどうなったか気になる!

 

埼玉ポーズの由来

waht_saitama_pose_01埼玉県鳥 シラコバト

埼玉ポーズの由来として、埼玉県章にある勾玉からとよく言われますが、実際は「羽(シラコバト)」と「輪っか(玉)」。

Maki本人に聞いてみると…

Maki「埼玉ポーズは、そうだ埼玉ダンスの振り付けの中で考えていったので、羽をヒラヒラさせるイメージで作りました!なので意味合いとしては、埼玉県鳥のシラコバトの羽と、埼玉の“玉”で輪っかを作りました」

Maki「埼玉県章の勾玉?なるほど…そこまでは正直考えていませんでしたが(汗)、自由にみなさんで埼玉ポーズをしてくれたら嬉しいです!」

つまり埼玉ポーズの由来は、「そうだ埼玉」の振り付けからで、羽と輪っかをイメージしたものになります。

 

埼玉ポーズを作った人

made_in_saitama左より鷺谷政明(天下茶夜)、クマ(6才児Vo)、Maki(ダンサー)

埼玉ポーズを仕掛けた「天下茶夜」の鷺谷政明氏(上尾市出身)は、動画「そうだ埼玉」を制作し、また、埼玉ポーズを県内の市長や芸能人に広めた埼玉ポーズ仕掛け人として多くのメディアに出演。

普段はクリエイティブ・ディレクターとして、埼玉県内の企業や自治体の広告やプロモーションを手掛け、県内で多くの話題コンテンツを制作されています。

埼玉ポーズを生んだバンド「6才児」は、埼玉県出身のロックバンド。リーダーであるクマ氏(さいたま市出身)は単独で県内イベントなどにも出演されています。

埼玉ポーズを作ったダンサー「Maki」(八潮市出身)は、「そうだ埼玉」などの振り付け師であり、ダンス講師であり、また、現在は聴覚障害の人でも気軽にダンスレッスンができるNPO法人 舞はんど舞らいふの一員としてもご活躍されています。

天下茶夜6才児オフィシャルサイト埼玉ポーズ・DIVA・ダンサーMaki

 

「そうだ埼玉」は2017年4月に配信限定リリース

「そうだ埼玉」は後に埼玉県内の様々なイベントで使用されるようになり、そうだ埼玉を歌う埼玉発のロックバンド「6才児」は、2016年さいたまスーパーアリーナで開催されたさいたま市成人式で演奏を披露しました。

その後、安室奈美恵さんなどを始め様々なアーティストが、さいたまスーパーアリーナでのLIVEで埼玉ポーズを披露するようになりました。

「そうだ埼玉」が収録された6才児の2ndアルバムは2017年4月にリリースされています。

6才児 / そうだ埼玉 iTunes

 

埼玉ポーズは芸能人から市長まで投稿

paruru_saitamapose

埼玉ポーズは、当サイトから多くの埼玉県市長や著名人などに依頼し、埼玉ポーズ写真を掲載させて頂いています。

写真は全て、当サイトの特集ページにまとめて掲載しています。

また、「そうだ埼玉」に出演している企業や団体、学校など、全ての人達の埼玉ポーズ写真も掲載しています。

「そうだ!埼玉!」の掛け声と共に、あなたも埼玉ポーズ写真を撮ってみては!?

15万回突破!埼玉ポーズを生んだ「そうだ埼玉」ってなんなの?

【動画】やっぱりさいたま市成人式はすごかった!スーパーアリーナ1万3000人で埼玉ポーズ!

埼玉県PR映像「そうだ埼玉」の全て


この記事が気に入ったらいいね!しよう

そうだ埼玉.comの最新情報をお届けします。


おすすめ記事