2016年03月04日

開店前から行列を作る秩父市の豚みそ丼「野さか」に行ってきた

開店前から行列を作る秩父市の豚みそ丼「野さか」に行ってきた

西武秩父駅から徒歩5分。

落ち着いた街並みに一際目立つお店があります。

それが、豚みそ丼元祖発祥の店「野さか」

nosaka_06

何でもこのお店が今、連日、開店前から行列を作っているそうです。

早速現地に向かってみると、開店15分前の時点でご覧の人だかり!

nosaka_01

主に観光客の来店が多いそうですが、老若男女たくさんの人達が開店を待っていて、店の駐車場の車内にもたくさんの人が開店を待っていました。

この日は日曜日ということもあってか、その数約50名。

開店時間が近づくにつれ、その数はどんどん増えていきました。

nosaka_05

なくなりしだい終了か。。なんかラーメン屋さんみたいだ。。

とりあえず名前を記入し待機。

10時45分頃に名前を記入し、11時20分頃に入店。

nosaka_08

店内は炭火のいい香りに包まれていました。

食券を購入し、待つこと10分。

遂に秩父名物、豚みそ丼とご対面。

nosaka_04

おおぅ。。

備長炭焼と、豚味噌のこの香り。。

これは美味しそう。

一枚一枚丁寧に焼かれている自家製味噌に漬けられた豚肉と、秘伝の醤油ダレの相性がヤバイ。

nosaka_03

炭火で炙られているためか、全体的にそれほど脂っこさも感じません

「備長炭焼」「 豚みそ丼」という言葉を裏切らない美味。

ゆっくり味わいながら食べようと思っていても、気づいたらあっという間に完食していました。

並盛りでもなかなかボリュームがあります

豚みそ漬けは、秩父では古くからある保存手法の一つで、その昔、猟で捕られた“猪”を保存する為に味噌漬けにされたと言われているそうです。

この“猪”から“豚”になり、秩父名物として味噌漬けが作られているんだとか。

また、 豚丼とよく間違われるそうですが、野さかのメニューは、豚みそ漬けを備長炭で焼きあげた”豚みそ丼”となっています。

nosaka_02

あっ、稔侍さん来てる。

秩父SL殺人事件。

nosaka_07

入り口にある植木、これはよく見たら豚だ!

西武秩父駅から徒歩5分。秩父観光に来たら是非一度立ち寄ってみてください。

今すぐ食べたい!という方は、こちらから購入もできちゃいます!

nosaka_10

 


この記事が気に入ったらいいね!しよう

そうだ埼玉.comの最新情報をお届けします。



関連リンク


秩父名物 備長炭焼 豚みそ丼 元祖発祥の店 お食事処 野さか

http://www.butamisodon.jp/order/

  • 〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町1丁目13−11
  • 494-22-0322
  • 営業時間 / 11:00~15:00 ※豚みそ漬けがなくなり次第終了
  • 定休日 / なし ※臨時定休の場合あり、その場合は事前に告知します。

おすすめ記事