2017年09月05日

夫の遺志を受け継いで…川越市で返済不要の犬竹大学奨学金始まる

夫の遺志を受け継いで…川越市で返済不要の犬竹大学奨学金始まる

そうだ埼玉.com公式ライター : 富築

犬竹大学奨学金の概要と支給金額

2018年から、川越市では給付型の奨学金「犬竹大学奨学金」がスタートします。

犬竹大学奨学金は、2018年4月から、4年制以上の大学に進学する、川越市内在住の高校生を対象とした給付型の奨学金事業です。

給付型なので、大学卒業後に返済する必要はありません(!)。

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s

奨学金は、入学金20万円に加え、1年あたり45万円を支給。

4年間で計200万円となります。

対象人数は年間5人程度。

支給条件は未定ですが、成績や所得など、一定の基準が設けられる方針です。

今後は詳細が決まり次第、市の広報紙やホームページ上で周知される予定となっています。

 

夫の遺志を受け継いで誕生した犬竹大学奨学金

top102
出典:川越市医師会ホームページ

犬竹大学奨学金事業は、元川越市医師会長の故・犬竹庸二氏の奥さん(医師)の申し出から始まりました。

「地域医療に貢献してきた夫の遺志を受け継ぎ、地域貢献の一つとして大学進学者への支援をしたい」

という想いから、市に計5000万円の寄付を申請。(年1000万円を5年間にわたって寄付)

それを受け、市では基金を創設し、返済不要の給付型奨学金制度をスタートさせることになったのです。

 

羽生市にも給付型奨学金制度がある

b2e61d75735652ed7256af7f2345c341_s

2017年9月現在、羽生市は埼玉県内で唯一、大学生を対象とした給付型奨学金制度を設けています。

支給額は、月額2万円×4年間。

募集人数は2人です。

また、経済的な理由で高校への進学が難しい人に対しても、給付型の育英資金を支給しています。

こちらは月額1万円×3年間で、募集人数は10人。

育英資金・奨学資金給与制度(羽生市ホームページ)

 

川越市 その他の奨学金制度など

8fe9e1f69b6c7a54c8b07317c24a1dc9_s

1. 交通遺児奨学金

交通事故によって、保護者が死亡している小中学生に支給される奨学金。

2. 育英資金

経済的な理由で高校進学が困難な人に対して、進学資金を貸し付ける制度。無利子。

3.  母子父子寡婦福祉資金貸付制度

ひとり親家庭のお父さん・お母さんや、パートナーを亡くしてしまった女性の経済的自立、子どもの福祉増進のために、必要な資金を貸し付ける制度。

※利率は資金の用途によって決められています。

川越市の就学・学校に関する制度(川越市ホームページ)

進学先によっては、「この金額じゃ全然足りないから意味がない!」と感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、卒業後に奨学金を返さなくても良い(もしくは、返す金額が少ない)というだけで、就職してからの生活水準は想像以上に変わります。

つい認識が甘くなってしまいがちですが、貸付型の奨学金は「借金」です。

犬竹大学奨学金では4年間で200万円が支給されますが、仮にこれを返済義務のある奨学金で賄った場合、完済までに10年ほどかかります。

支給条件など厳しいルールは定められますが、経済的な理由で大学進学を迷っている人は、犬竹大学奨学金の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

川越観光って楽しい!絶対盛り上がる若者向け川越デートスポット4選

川越市が支援してくれる「くらびとファンディング」って知ってる?

川越の裏ゆるキャラ「ミケさん」のtwitterが規格外すぎる

出典 : 埼玉新聞 / 東京新聞

IMGP0465

この記事が気に入ったらいいね!しよう

そうだ埼玉.comの最新情報をお届けします。



関連リンク


川越市役所

就学・学校

  • 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
  • 049-224-8811(代表)

おすすめ記事