2019年03月14日

池袋のカオススポット!「小東北串焼き」でザリガニを食べた結果

池袋のカオススポット!「小東北串焼き」でザリガニを食べた結果

ライター:なかむらあい

埼玉で生まれ、現在も埼玉に住んでいる私ですが、初めて知ったこと、それは「池袋は埼玉の首都」と思われていること。

この記事を通して知り、埼玉の首都である池袋に興味が出てきました。

よく分かる埼玉県地図2018にまた納得してしまう埼玉県民

2018年02月22日

よく分かる埼玉県地図2018にまた納得してしまう埼玉県民

池袋が埼玉の首都って面白い!!

そんなワクワクを追求してみたくなったので、埼玉県民の友人たちと、池袋を探索してみることにしました。



池袋の穴場スポットを探してみる

「よく分かる埼玉県民地図2018」を見ておもしろくなったので…

埼玉に住む友人たちにヒアリング。

私「突然ですが、埼玉県民が行きたい池袋スポットを探索したいので、教えて欲しい」

友人K「池袋の北口チャイナタウンは実物かなと。ここはザリガニ食えるので有名なので行きたいところ」

ザリガニ?

ここは「カオススポット」「穴場」などとして紹介されることが多いそう。
穴場は良いとして、カオスとはどんな雰囲気のことを言うのでしょう?

カオス [1] 【ギリシャ khaos】
混沌(こんとん)。混乱。
② ギリシャ神話の宇宙開闢(かいびやく)説における万物発生以前の秩序なき状態。また、同時にすべての事物を生みだすことのできる根源。ケイオス。 ⇔ コスモス
引用:三省堂 大辞林 より

混沌混乱といった意味でいうと、いろいろな人種があふれる池袋の北口付近は特に探索してみると面白い場所が発見できそう。

ザリガニを食べたいか?というと食べたくない。

しかしカオススポットは気になる!




池袋北口「小東北串焼き」でザリガニを食す!

ということで行ってみました。

埼玉の首都・池袋でザリガニを食べるために!

まずお店のある場所ですが、池袋駅北口(西口からも行けます)から徒歩2分ほど。

“池袋チャイナタウン”と呼ばれる一角にある「小東北串焼き(ショウトンベイクシヤキ)」

1階にある外看板は何かに隠れて見えないので、すでに何の店かも分からないのですが、ザリガニの写真があるのでここだろう、と予想がつきます。

1人だったら絶対に入れなそうな店

勇気を出してわたしたち4人は、お目当ての店にエレベーターで向かいます。

4人乗ったら満員になるエレベーター。この中も日本にはないはずのスメル(香り)が充満してます。

2階がお目当てのザリガニのお店、エレベーターを降りると……

ここどこ?
(日本じゃないよね、絶対違うよね?)

ゴッタ返す店内は中国語が飛び交い「ニーハオ!」と店員らしき女の子が声かけてきたのですが、私たちが日本人と分かると「いま、満席」と返事がきたので一応、日本語も通じるようです。

ザリガニなので混んで無いだろうとたかをくくっていた甘いわたし達、仕方ないので同じビルにある別の階の呑み屋で時間をつぶす。

時間をつぶす。

時間をつぶす。

あれ?

もう1時間経ってるよね?

予約したよね?

と不安がよぎってお店に電話。

そうすると案の定…

私たちの予約は忘れられていた!

さすが、中国人を相手に商売しているだけあって、日本人にはない潔さがあります。

これはもう、私たちの常識は通用しないと思って取りかかろうと、決意を固めました

やっと入れたので、さっそくお目当てのザリガニを頼んでみました。

「ザリガニはちょっと」と言っていた女子力高めの友人バラちゃんも普通に食べてるところをみると、エビと同じような味でけっこう美味しいのだと実感。

このときの実況中継はもっぱらTwitterです。

夢中でSNS投稿のための写真を撮る友人たち。

こういうビジュアル的にもおいしいネタは、SNSで伝えるに限ります!

こっちがザリガニ。

エビ(伊勢エビの焼いたもの)も頼んでみました。

結論から言います。

やっぱりエビのほうが美味しい。

友人も言っていましたが、エビかザリガニか?というと当然エビのほうが美味しいです。

しかし池袋で日本語が公用語になっていない異国を体験できるこのお店でザリガニを食べるというのは、もう常識と言っても過言ではありません。

結果として、埼玉の首都・池袋で遊ぶならまずカオススポットに訪れましょう。

そして日本の最上級の伊勢エビと、食べたことのないザリガニを食べ比べてみることをオススメします。

埼玉県民こそ「ひとり焼肉美そ乃」に行こう!1切れから注文できるA5和牛専門店に女一人で行ってきた

東武東上線の快速・急行・快速急行・準急の違いを解説

なぜ埼玉県民は池袋を利用しなくなったか【そうだ埼玉メルマガ】

なかむらあい

埼玉県蕨市生まれ。重度のアトピー性皮膚炎の経験から健康オタクになるものの、ストレスを溜めない・とらわれ過ぎないゆるく笑って過ごす生活を目指してます。自然栽培・オーガニック・ナチュラルコスメ・エコなものに興味あり。



関連リンク


小東北串焼き

  • 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目35−2 明徳 ビル 2F
  • 03-6907-1058

おすすめ記事