2015年01月16日

誰でも簡単に面白いイベントを考えられる方法【そうだ埼玉メルマガ3 Vol.25】

誰でも簡単に面白いイベントを考えられる方法【そうだ埼玉メルマガ3 Vol.25】

 

本メルマガに問い合わせ殺到

先週、「ヒットする人気マスコットキャラクターの作り方」を記載したところ、メルマガ会員数がかなり増えてきたからというのもありますが、

 「非常に参考になった」 

「社内でプリントして回した」 

「もっと早く知りたかった」 

など、これまでで最も多くの反響を頂きました。

頂いたご感想の中に「マスコットキャラクターに限らず様々なことに当てはめられる思考法だと思いましたが、イベントや企画により特化した思考方法というものもあるのでしょうか」と言ったご感想も頂きました。

そこで今回は、企画やイベントなど、クリエイティブのプロフェッショナルでは ない人でも、誰でも簡単に楽しい地域イベントや企画を考えられる方法をお伝えします。

 

大事なのは自軍に引き込むこと

例えば、市役所勤務の人が、何かの地域イベントを実施しなくてはいけないことになったとします。

しかし自分はイベントごとなんて何をどうやったらいいか分からないし、かといって外注する費用もない。

その時に誰でも簡単に面白い企画を考えられる一番良い方法は、自軍に引き込むという方法です。

つまり、自分が好きなジャンルで戦うんです。

サッカー、ももクロ、コスプレ、アニメ、お酒、ロック、映画、ドラマ、小説、ダンス、ワンピース、なんでも構いません。

とにかく自分が好きなもの、詳しいもの、得意なものを、一度全部挙げてください。

その中で勝負することです。

 

好きなものを全部挙げてみる

人間誰でも1つくらいは好きなものがあります。

それがニッチなものでもマニアックなものでも構いません。

自分が最も好きなもの、得意なものをまずは引っ張りだし、そこから派生させていってそのイベントを企画していくやり方です。

 

慣れないことを無理に自分1人でやろうとしてもうまくいきません。

しかし自分が得意なものであれば、自信と知識と発想力があり、やりがいもあるはずです。

自信と知識と発想力に満ち溢れ楽しそうにやっている人のもとに人は集まってくるもので、自信なさ気に、無知でアイデアもなく、仕事として嫌々やってるような人のもとには誰も集まってきません。

また、自分自身に置き換えてみてもそんな人のお供をするのは嫌なはずです。

 

あなたはサッカーが大好きだったとします。

初対面の相手がサッカーが大好きな人だったら、すぐ会話が弾みますよね。

初対面の人とでも、知らない人とでも呼応しあえるもの、そしてそこに喜びを感じれるもの。

企画やイベントは、知らない人同士が呼応しみんなが楽しめることが最も大事なことです。

 

好きなものが例えマニアックなものだったとしても、広げ方次第では大きな切り口にできます。

例えば埼玉県には海がありませんが、好きなものがサーフィンだったとします。

埼玉県でサーフィンに紐付けたイベントやっても…と思うかもしれませんが、

「サーフミュージック」

「サーファーファッション」

「プロサーファー」

「サーフィンが好きな芸能人」と、

いくらでも派生させることができるし、「海」「夏」「水着」と考えれば、そこから更に枝葉を増やすことが可能です。

登山であっても、スノボーであっても、同様の発想方法でいくらでも広げることができます。

 

自分が好きなものが1つとは限らないでしょうし、色んな角度から自分が好きなもの、得意なものを見つめなおして自分のテリトリーで勝負してみてください。

サッカーでも、アウェイよりホーム試合の方が勝率がいいように、自分のフィールドで戦うことです。

 

「仕事だから嫌なこと(アウェイ)でもやらなきゃしょうがないじゃん」では、第三者、つまり一般市民のみなさんには届きません。

結婚式の二次会でも同じです。「新郎新婦に頼まれたんだから俺幹事なんかやったことないけど、やらなきゃしょうがないじゃん」でやっていると、来た人は愛想笑い地獄で、結局、新郎新婦のためにもなりません。

 

みんなに楽しんでもらおうとする時に、プロフェッショナルでもない人が

「任されちゃったからしょうがないじゃん」

レベルでやっていても、それに付き合わせられる方にすれば迷惑千万な話です。

どうせやるなら、みんなにも楽しんでもらえるイベントを作ろうと考えるはずです。

 

であれば、ない頭を使うんではなく、ある頭を使うんです。

それが、得意ジャンル。

そうすれば、やってるあなたも、市民のみなさんも喜び、上層部もにっこりという、みんながハッピーになれる企画やイベントが生まれやすくなります。

 

企画、イベントのプロフェッショナルではないが、俺はワンピースの知識なら絶対誰にも負けないぞ、漫画への愛情なら絶対誰にも負けないぞ、という自信があるなら、是非そのフィールドで戦ってみて下さい。

 

【メルマガバックナンバー 人気記事】
ヒットする人気マスコットキャラクターの作り方

恋チュンなどのPR動画をキレイに仕上げる4つのポイント

地域プロモーションや町おこしをする人達の大きな間違い

============

そうだ埼玉メルマガ登録



メールアドレス

本メルマガは購読無料です。

登録されると確認メールが届きますので、そのメールに記載されている「登録完了URL」をクリックしてください。「登録完了URL」をクリックされませんと、メルマガ登録が完了しませんので、ご注意下さい。

メールが届かない場合は、soudasaitama@mm.tenka-jaya.comを受信許可設定にして下さい。


おすすめ記事